飲食業のアルバイトにワキガ手術を勧めたところ・・・

飲食業の店長をしています。
店の中のスタッフの構成としては、まず雇用形態としては、社員とアルバイトがいます。
社員はだいたい1店舗に1人ですが、お金の管理から1日の仕事を締める仕事からアルバイトの指導までしてもらうので、優秀な人材をいつも求めています。
また、仕事としてはホールとキッチンで分かれています。
ホールは接客、キッチンは料理作りです。
アルバイトはそれぞれの専任でホールの仕事をする人間はホールだけ、ということで動いていますが、社員になるためにはホールの仕事もキッチンの仕事もできないとなりません。
さて、ここからが本題ですが、そのキッチンにAというアルバイトのスタッフがいました。
非常に仕事もまじめて指導力もあって、ぜひ社員になってもらいたい人材です。
本人もうちの店が好きで社員になりたいという意思がありました。
しかしここで問題がありました。
Aには強いワキガがあったのです。
このワキガがある状態ですと、ホールに出すことはできません。
そこで、意を決してAにワキガがあるから手術をして、そのうえで社員になったらどうかと話すことにしました。
本人にとってはショックな指摘だと思うので、これで止められるということも想定しながら、言ったのですが本人は幸い前向きに受け止めてくれ、手術を受けることにしてくれました。
手術代は病院に行って聞いてみたところ、保険を使って5万ほどということでしたので、店でその手術代をいったん建て替え、そのうえで毎月1万づつ返してもらいました。
ワキガを治すことは本人の人生にとっても悪いことではないですし、それで社員に慣れたことも大きかったので、本人もとても喜んでいます。