ワキガに気付いていない人は意外と多い

初めてワキガというものを知ったのは、大学時代の友人の車に乗せてもらった時でした。
一緒に同乗した別の友人がなぜか顔をしかめていたからです。
後から聞いたらものすごく臭かったと言っていました。
彼女は運転席の後ろの席に座っていて、夏場だったのでエアコンの風が当たっていたため、特に匂いがきつく感じられたんだと思います。
私はワキガという症状をその当時は認識していなかったのと、その日は風邪気味で鼻が詰まっていたのでわかりませんでした。
しかし、一度友人にワキガの疑いがかかると確かめたくなるのが若気の至り。
風邪が治った後に、その友人の車の運転席の後ろに座ったときに、鼻がツーンとするような独特な匂いを感じたので、これがワキガの匂いなんだと認識しました。
本人は気付いていないみたいですね。
今でもその友人と仲良しなので時々遊びますが、特に匂いについて気にしている感じはありません。
そして、私の旦那さんもおなじワキガで悩んでいる一人です。
彼はスティックタイプの制汗剤を利用していますが、やはり塗り忘れるとツーンとしてしまいます。

 

ワキガに自分で気付けないのはなぜ?