外国のタクシー

ワキガというものに遭遇をしたことがないという人は大勢います。
もともと、日本はワキガ率が非常に低い国なのです。
しかし、一歩外国へと出ればそうはいきません。
かなりの確率で、ワキガの方と遭遇します。
なるほど、これがワキガかと納得の香りを嗅ぐことができるでしょう。
特に注意すべきは外国のタクシーです。
運転手がワキガだった場合、タクシー内は地獄と化します。
甘ったるいような独特の香りを嗅いでいると、乗り物酔いもしやすくなってしまいます。
残念ながら、ワキガのタクシー運転手と遭遇するかどうは完全に運まかせです。
実際に乗ってみるまで分かりません。
それでも少しでも被害を抑えたいのであれば、方法は一つ。
窓の外から見て、汗をかいている様子の運転手のタクシーは避けましょう。
決して、ワキガの人は汗っかきということではありません。
汗をかくと、ワキガの匂いがパワーアップしてしまうからです。
汗をかいていない運転手を選べば、例えその人がワキガだったとしてもまだマシです。
最悪の事態は免れるのです。