脇を常に清潔な状態に保つ事でワキガは抑えられる

わきが対策その①

わきが対策で重要なのは、不衛生な脇の状態を改善することです。

脇を清潔な状態を保つためにはただ洗えばいいというわけではありません。

ここでは脇へのダメージを最小限にして 脇の衛生的な状態を保つ方法 を紹介しています。

洗えば洗うほどわきがを悪化させる

わきの臭いが気になる時、お風呂でしっかりと洗って清潔な状態にすることは正しい反面わきがを悪化させる原因にもなってしまいます。

ワキガには大きく分けて二種類あり、ワキが不衛生な状態により雑菌が繁殖して匂いを発生させるパターンと、遺伝によりワキを綺麗にしていても臭いが発生してしまうパターンです。
ワキが不衛生な状態によりワキの臭いが発生してしまっている場合には、しっかりと洗うことで雑菌を洗い流しワキガを軽減することが出来ますが、遺伝によるワキガがの場合には脇を強く洗うとかえってワキガを悪化させてしまいます。

 

ワキガが遺伝により発症してしまっている人は、ワキガでない人と比べてアポクリン線という汗腺の数が生まれつき多くなっています。

このアポクリン線から出る汗が皮膚にいる常在菌に分解される際にワキガの臭いを発生させます。


人間の身体は皮膚表面が乾燥状態になると皮脂を分泌し、皮膚表面を守ろうとする働きがあります。

ワキガでない人はアポクリン線が少ないため皮脂が分泌されてもほとんど臭わないのですが、ワキガ体質の人の場合アポクリン線から多くの汗が分泌されてしまいます。

洗浄力の強いボディーソープなどで擦るようにしてワキを洗うと、必要最低限の皮脂まで洗い流してしまい皮脂の分泌量が増えてしまいやすくなります。

お風呂から出てすぐワキガが気になる場合には脇を洗いすぎが原因かもしれません。

 

脇の皮脂をとりすぎないように洗う方法

ワキガの原因はアポクリン線から分泌された汗が分解された物質が皮膚表面にあり、その物質が臭いを発生させています。

この汚れはゴシゴシ洗わなくても、ボディソープの泡でやさしく洗うだけでしっかりと除去できます。

なるべく脇の皮膚に刺激を与えないようにゆっくりと丁寧に洗ってみてください。

くれぐれもスポンジや洗体タオルなどは使わないようにしてください。

 

またワキガ対策にはボディソープの選び方も重要です。

市販されているボディソープは洗浄力が強く皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

特に以下の成分が配合されているボディソープは洗浄力が強いので使わないようにしてください。

ラウレス硫酸Na
ラウリル硫酸Na
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
パレスー3硫酸Na
スルホン酸Na
パレスー3硫酸アンモニウム
ラウリル硫酸アンモニウム
アルキルエーテル硫酸ナトリウム
キシレンスルホン酸アンモニウム
キレート剤
エデト酸塩
EDTA
ステアレス
コカミド

これらの成分は泡立ちや洗浄力を高める成分で、価格も安いため安価なボディソープにはよく含まれている成分です。

さっぱりとした洗い心地が特徴なので汚れがしっかりと落ちているように感じますが皮膚へのダメージは高くなっています。

また、石鹸なら安全というイメージがある方もいるかもしれませんが、石鹸にも界面活性剤系の洗剤が入っている事があります。

わきが対策用のボディソープはなるべく天然成分で無添加、無着色、無香料のものを選ぶことで肌へのダメージを抑えられるでしょう。

私がおすすめしたいわきが対策用ボディソープは「ミノン」という医薬部外品のボディソープです。


https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_minon/product/body.html

 

界面活性剤を使わないため皮脂を洗い流しすぎず、しっかりと保湿が出来るボディソープです。

泡が出るタイプならそのまま脇につけて洗うことが出来るためとても便利ですね。

他にも低刺激性のボディソープはたくさんあるので成分に注目して選んでみてください。

 

お風呂後には必ず保湿をする

お風呂でワキの汚れを丁寧に洗い流したら次はしっかりと脇の保湿を行います。

どんなにお風呂でやさしく洗っても皮脂は洗い流されてしまい、乾燥しやすくなります。

皮膚から必要以上の皮脂を出させないためにはしっかりと保湿をして、皮膚が皮脂を出す必要がないと思わせることが重要です。

大容量のハトムギ化粧水なら全身にも使えるため一本はあるといいでしょう。

直接脇に触るのはイヤという人は、100円ショップなどで売っているスプレーヘッドを差し込むとワキに直接スプレーが出来るようになるので便利です。

化粧水だけでは乾燥してしまうという人はクリームなどをつかって保湿をするのもおすすめですが塗りすぎには注意してください。

 

家の外でワキを清潔に保つには?

ここまでは自宅で出来るワキガ対策法でしたが、ここからは家の外でワキを清潔に保つ方法を紹介します。

まず最初にワキを清潔に保つために多くの人が「汗ふきシート」などを使っているかと思います。

しかし汗ふきシートの中でもアルコールが入っているものや香りつきのものは肌への刺激になるので、なるべくアルコールフリーの汗ふきシートを使うようにしましょう。

汗ふきシートを使用する際も、ワキを擦ることはせず上から抑えるようにして汚れをふき取ってください。

汗ふきシートでふき取ったあとにしばらくすると脇に冷や汗のようなヒタヒタする感触がある経験をしたことがある人もいると思います。

これは皮脂をふき取りすぎたせいで皮膚を守るために皮脂が分泌されてきている証拠です。

汗ふきシートで優しくふき取った後も必要な皮脂を取ってしまっているので、お風呂後と同様に保湿を心がけましょう。

これだけチェック

  • ワキを洗いすぎると必要な皮脂まで洗い流してしまう!
  • 洗浄力の強いボディソープを使わない!
  • お風呂の後はしっかりと保湿!

 

関連記事

ページ上部へ戻る