脱毛することでわきが対策になる?

わきが対策その③
わきが対策をするためにはわき毛の脱毛は必ずするようにしましょう。

腋毛が無くなるだけでもわきがが軽減されることもあります。

ここではわきがの人が 正しく脱毛をする方法 について紹介しています。

なぜわき毛が生えているとわきがの臭いが強くなるのか?

脇には動脈やリンパ節があり、それらを保護するためにわき毛は生えています。

身体の重要な部分を守るために生えているわき毛ですが、わきが体質の人にはありがたくない働きもしてしまいます。

通常エクリン線から出る汗(普通の汗)はサラサラとして蒸発しやすい水分です。

しかしわきが体質の人が多く持っているアポクリン線から分泌される汗には粘り気があり、その汗はわき毛に絡まりやすい特性があります。

一度わき毛にニオイ物質が絡みつくと除去しにくく、拭いても臭いが残りやすいという状態になってしまいます。

そのためわきが体質の人はわき毛を除去することをおすすめしますが、正しい脱毛方法を行わないとかえってわきがを酷くさせかねません。

 

わきがの正しい脱毛方法

わき毛の脱毛を行う際にはなるべく刺激が少ない方法を選ぶと良いでしょう。
肌への刺激が多いと汗腺が活発に働いてしまうためアポクリン線からの汗の分泌も多くなってしまいます。

毛抜き

最もやってはいけないわき毛脱毛の方法が「毛抜き」です。
毛抜きでわき毛を脱毛すると毛穴が開いてしまい炎症を起こしやすくなります。
肌へのダメージも甚大なので毛抜き脱毛は避けてください。

 

脱毛クリーム

脱毛クリームとは正確には除毛クリームと言い、塗るだけで生えているわき毛を溶かして無くすクリームのことです。
脱毛クリームは「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分で毛のタンパク質を分解します。
肌にカミソリをあてる必要がないため刺激が少ないようにも思いますが、わき毛と同様皮膚もタンパク質で出来ているため肌へのダメージは少なからずあります。
しかし最近では低刺激性で肌へのダメージを極力なくした脱毛クリームも売られているので、敏感肌の方でなければ一度試してみるのも良いかもしれません。

カミソリ

わき毛処理の方法としてスタンダードなカミソリですが、前述の通り皮膚へのダメージが高いためわきが体質の人にはあまりおすすめしません。
もしカミソリを使った脱毛を考えているなら、しっかりとシェービングクリームを使って極力皮膚への刺激にならないようにして、何度も同じところを剃るようなことは避けてください。

 

脱毛サロン・エステ

最も綺麗に確実にわき毛を処理できる脱毛サロン・エステですがわきがの場合はどうなのでしょうか?
まず脱毛の方法は大きく分けて「レーザー脱毛・ニードル脱毛・光脱毛」の3種類あります
レーザー脱毛の場合毛根をレーザーで破壊する際に一緒にアポクリン線も破壊されるため、わきがが改善されることがあります。


ニードル脱毛の場合は毛穴に絶縁針を刺し毛乳頭を破壊するためレーザー脱毛と同様わきが改善効果が期待できます。

もしわきが体質でわき毛が生えている人は脱毛サロンで脱毛を行うことでわきがを治せるかもしれません。

医療機関で行う脱毛の場合には、わきがのことについて相談も出来るので重度のわきが体質の場合には医療機関での脱毛をおすすめします。

医療機関で脱毛を行うと費用はかかってしまいますが、ワキだけなどの1部位であれば1万~5万円程度で脱毛ができます。






これだけチェック

  • わきが体質の人はわき毛の処理が必須
  • 低刺激性除毛クリームか医療脱毛がおすすめ

関連記事

ページ上部へ戻る