ワキガの原因アポクリン線とエクリン線の違いとは?

waki汗を出す汗腺は「エクリン腺」と「アポクリン腺」の二種類が存在します。
エクリン腺の主成分は99%が水分で残り1%が塩分やアンモニアとなっています。
それに対しアポクリン腺の主成分は、脂質・糖質・タンパク質・アンモニアです。

そして、ワキガの原因となっているのが、このアポクリン腺です。

エクリン腺から出る汗は無味無臭に対しアポクリン腺は、白濁した色とツンっと鼻を刺すようなにおいを発生させます。
またエクリン腺は、皮膚表面の1~3ミリメートルの真皮層から皮下組織上部に存在し、アポクリン腺は、特定の場所にしか存在しないのが特徴的です。

 

アポクリン腺は誰にでもあるの?

アポクリン腺は、誰の体にも存在します。
また、アポクリン腺は人間だけではなく、犬や猫などの哺乳類にも存在します。
しかしアポクリン腺は個人差があり、体質によって大きさや分泌量が違うのです。

このアポクリン腺の分泌量が多い人ほど、ワキガの可能性が高いと言えるでしょう。

 

アポクリン腺からのにおいはフェロモン?

DNAアポクリン線から出る、あの鼻をさすにおいは、人によってはフェロモンとなるようです。

人は本能的に自分とは違うにおいに惹かれる傾向があり、自分と同じにおいを持つ人は嫌悪感を抱く事が多いという、面白い性質があります。
別の遺伝子(におい)を持つ人に好意を抱くのは、子孫繁栄のため人間の本能がそうさせていると言われています。
これは、古来の人間から受け継がれた細胞レベルの話で、すりこまれた生存本能と言えます。

例として娘が父親の体臭に対して、「臭い」と嫌な反応をするのもこの本能があるからではないでしょうか?
これは一例ですがアポクリン腺からでるにおいには、フェロモンと密接な関係があると考えられています。

 

全身にあり汗を出すエクリン腺

普段体からでる水分「汗」はこのエクリン腺からでる汗の事です。
エクリン腺は全身のいたる所に存在します。
逆に、エクリン腺がない場所を探すほうが難しいでしょう。
エクリン腺が存在しない場所は、爪で覆われている部位、外耳道、唇など、ごく限られた部位だけ存在しません。

見た目は肉眼では目視できず、アポクリン腺と比べ非常に小さい事から日本語では、エクリン腺の事を「小汗腺」と呼びます。

何故エクリン腺が極小なのかというと、一度に大粒の汗をかくよりも、小さな汗腺から小粒の汗を全身に満遍なく汗をだすほうが、温度調節を効率よく補ってくれるからです。

 

発汗しないエクリン腺もあるってホント?

先述したように、エクリン腺は全身のいたる所に存在しますが全てのエクリン腺が機能しているわけではありません。
その割合は半分程度で、この事を能動汗腺と呼ばれています。

また能動汗腺は、地方によっても個人差があり、例えば暖かい地域に生まれ育った人は、寒い地域で育った人よりも多く発生させます。
汗は体温調節をするために、その量も地域によって差がでるのです。
そして能動汗腺は、生後約3年間の育った環境で左右されると言われています。

半分は温度調節をするために汗をだしていますが、もう半分の能動汗腺は環境が著しく変化した時のために眠っている状態だと考えられています。
能動汗腺はその環境に適応し、必要な分だけの汗をだして温度調節をしているのです。

また、能動汗腺は主に足の裏、手のひら、額に多く分布しています。
そして、この能動汗腺が異常で大量に発汗する事を「多汗症」と呼びます。

 

ワキガや体臭の原因となる汗を出すアポクリン腺

アポクリン腺もほとんどの人に存在しますが、ワキガの原因となる理由はその大きさと数によって量が変わります。
簡単に説明するとワキガの人はアポクリン腺が大きく、数も人より多く分布しています

ワキガのにおいが発生する原因はアポクリン腺の主成分、脂質・糖質・タンパク質・アンモニアが皮膚の常在細菌によって分解され、あの独特のツンっとしたにおいを発生させるのです。

その出す量によってワキガの程度も変わりますが、あまりにもにおいがキツイ場合は、医療機関で治療できます。

わきがは手術をすれば絶対に治る?費用や保険について解説

また、思春期前の子供はまだアポクリン線も成長途中なので、手術で除去できても再発する可能性があります。
よって子供の場合のワキガ対策としては、ボトックス注射・デオドラント剤で軽減しましょう。
また大人の場合は脇の毛を手入れして、蒸れないようにするとにおいを軽減できます。

 

汗腺の位置は部位によって違う!アポクリン線が集中している場所とは?

エクリン腺は全身のいたる所に存在すると説明しましたが、アポクリン腺は限られた一部の部位にしか存在しません。
アポクリン線がもっとも多く存在する箇所は「脇の下」です。
また、少数ではありますが、へその周辺、乳輪、外耳道、外陰部、肛門の周辺に存在します。

脇に集中している理由は先述したフェロモンと関係があり、より人間の鼻の近くにアポクリン腺を集中させ、異性にアピールするためと言われています。

 

まとめ

汗を出すのは温度調節と言われていますが、実はその汗腺も2種類あり、ワキの臭いも異性を惹き付ける要因となっているようです。
ワキガも体質によって様々ですが、1つの個性と言えるでしょう。

ただ、女性や子供だとどうしても臭いに対しコンプレックスとなってしまうので、においが気になる場合は医療機関に相談することをおすすめします。
また、最近ではにおいを抑える美容品や、汗を抑える制汗剤も販売されていますので、そちらを試してみるのもいいでしょう。

わきがクリームSinai(シナイ)の効果と口コミを紹介|本当にSinaiでワキガは改善する?

 

こどものわきが対策TOP

関連記事

ページ上部へ戻る