服に付いたワキガのニオイと黄ばみを確実に落とす洗剤の選び方と洗濯方法

「洗濯してもワキガのニオイや黄ばみが服から落ちない・・・」

洋服に染みついたワキガのニオイや黄ばみがなかなか落ちないのはわきがの悩みとして代表的に挙げられるものです。

”気がする”だけならまだしも確実にニオイが落ちていない場合も多く、洗濯の方法などに悩まされている方も多いのではないでしょうか?

今回は

”なぜ服からワキガのニオイが落ちないのか”
”ワキガのニオイをしっかり落とす洗剤”

この二つをテーマに解説していきます。

 

衣服にワキガのニオイ成分がこびりついてしまっている

わきがのニオイが衣類に残ってしまう原因として第一に挙げられるのがこれです。

汗に含まれいているニオイの成分や菌類、皮脂などは服の繊維に染み込んでしまい、洗濯をしても残ってしまいやすい性質を持っています。

 

洗剤の洗浄力不足

市販の洗濯用洗剤ですと、洗浄力が充分でないものも多く、洗濯をしても布に染み込んでしまっているニオイ成分を落としきれない場合があります。

そうなってしまうと、落としきれないまま着用する事になるので、ニオイがどんどん蓄積していってしまい、ニオイが強力になってしまう結果となります。

 

わきがのニオイを確実に洋服から落とす洗剤の選び方

では衣服に付着したわきがのニオイをきちんと落とすにはどうしたら良いのか。

答えは”酸素系漂白剤”ありました。

漂白剤というと洗浄成分にはあまり期待出来ないように思われがちですが、わきがのニオイを撃退するためには酸素系漂白剤はとても効果があります。

漂白剤には除菌、殺菌成分が含まれているので、わきがによる汗の菌などにはもってこいなわけですね。

 

酸素系の漂白剤には粉末と液体のものがあるのですが、粉末は”弱アルカリ性”で液体は”弱酸性”のものが多いです。

わきがの原因となる成分は酸性のものが多いため、中和するためには弱アルカリ性の粉末のものを選ぶ事が効果的であると考えられます。

 

粉末の酸素系漂白剤がわきがのニオイを落とすのに有効

 

と覚えておいてください。

塩素系漂白剤の方がより強力に菌や黄ばみなどを落とす事が出来るのですが、塩素系漂白剤だと、色物や柄物は色落ちのリスクがありますし、酸性の洗剤と併せる事で塩素ガスの発生を招いてしまう危険性がありますので、酸素系漂白剤を使用する事をおすすめします。

 

粉末酸素系洗剤

ここではワキガ臭を消しやすい粉末タイプの酸素系洗剤を紹介していきます。

オキシクリーン

シャボン玉 酸素系漂白剤

過炭酸ナトリウムの激落ちくん 粉末タイプ

ワイドハイターEX 粉末タイプ

わきがのニオイって洗濯物経由でも移る?

よく「わきがの人が着た服を着るとわきがが移る」という噂がありますが、それは全くもって嘘です。

わきがはウイルス性の病気ではありませんので、そういった感染などはしません。

しかし一時的にニオイの成分が付着してしまう場合に「ワキガが移った」と感じてしまうかもしれませんが、あくまで一時的なもので、体を洗ったりする事によってニオイは無くなります。

 

では洗濯物に関してはどうでしょうか?

まず断言できることは、洗濯中にワキガのニオイが他の洗濯ものに移るという事はまずありません。
しかし、わきがのニオイ成分が付着している衣類と、付着していない衣類を同じ場所に長時間放置してしまうとニオイ成分が付着してしまう可能性はあります。

 

そのため、”洗濯前”に限っては洗濯物を分けておく必要があると考えられています。
おしゃれ着など洗い方に気を遣うものに関しては特に注意が必要ですね。

 

わきがのニオイや黄ばみを落とすための洗濯法

ここでは実際に洗濯する際の洗剤やポイントなどについて紹介していきます。

 

洗濯時は40℃ほどのお湯を使用する

汚れやワキガのニオイは、水での洗濯よりお湯で洗濯した方が落ちやすくなります。
ニオイの中には皮脂由来のものもあるので、水だと汚れや凝固してしまい落ちづらいんですよね。

洗濯機の機能上、外部からの注水が難しい場合もありますが、可能であれば40℃ほどのお湯で洗濯を行なった方が有効であると言えます。

もちろん、ニオイが気になる脇の部分だけを先に”部分洗い”する事も有効で、その際にお湯を使って部分洗いをし、通常通り洗濯機で選択するのも一つの手段と言えます。

 

酸素系漂白剤の使用

こちらは先述したとおり、粉末の酸素系漂白剤が有効であるという話です。
しかし粉末の酸素系漂白剤は成分自体も強いため、布自体を傷めてしまうというリスクもあります。

そのため、ニオイや黄ばみが明らかについてしまっているもの⇒粉末
そこまでではないもの⇒液体

というふうに使い分ける事も大切かと思います。

市販のものでは、ワイドハイターなどが酸素系漂白剤の代表例とされています。

 

塩素系漂白剤の使用

ワキガのニオイを服から落とす意味では酸素系漂白剤よりも有効なのが塩素系漂白剤です。

しかし、先述の通り色落ちを招いてしまう事や布へのダメージが大きいことから、わきが洗濯の最終手段のような使い方が良いかと思います。

塩素系漂白剤でつけ置きなどをする際は、洗濯時に他のものと混ぜない注意も必要です。

市販のものだと、ハイターやマイブリーチなどが塩素系漂白剤の代表例です。

 

重曹の使用

重曹はアルカリ性のため、酸性のニオイ成分に対して消臭効果があり、洗濯時に大さじ1~2杯程度入れて洗濯をする事で効果を発揮します。

また、重曹洗濯なら漂白剤と違って色落ちする心配がなメリットです。

洗濯機で使用する以外の使用例としては、100mlほどのお湯に重曹を小さじ1杯溶かし点が嬉しいところですね。

重曹にはワキガのニオイや黄ばみも落とす効果があるので、安心して使えるのが最大の、衣服の脇部分に揉みこむ”揉み洗い”や、500mlほどの水に大さじ1杯の重曹を溶かし、ニオイが気になる部分をつけ込む”つけ置き洗い”などにも使用できます。

 

セスキ炭酸ソーダの使用

掃除用洗剤や入浴剤などにしようされているセスキ炭酸ソーダも、ニオイ成分に対する除去効果が望めます。

成分的には重曹と同様ですので、こちらも重曹と同じ分量で使用する事が出来ます。
重曹に比べて水溶性が高いというのがメリットですね。

 

ミョウバン水の使用

ミョウバンというと理科の授業を思い出しますが、薬局などでも手に入り、ニオイ対策にも使用できる画期的なアイテムです。

ミョウバンは酸性の性質を持つため、アルカリ性であるアンモニア臭などに有効とされています。

ミョウバン水の原液の作り方は、1.5リットルの水に対して50gのミョウバンを入れて混ぜます。

ミョウバンは溶けた後に成分が安定するまで時間が掛かりますので、そのまま数日間置いて、しっかりと溶けるのを待つ必要があります。

原液が出来たら、洗濯のすすぎの際に50mlほどを洗濯機に直接入れていただく事でワキガのニオイ成分の除去ができます。

 

「すぐに洗濯できない!」そんな時におすすめな方法

日常的に洗濯が出来るものは良いのですが、スーツなどのようにすぐ洗濯出来ないものも多いです。

そんな時に出来るスーツなどに染みついたワキガのニオイ除去方法を紹介していきましょう。

 

スチームアイロンを使用する

スチームアイロンが出す高温の蒸気は、衣服の繊維に付着したニオイ成分を除去してくれます。
また、高温である事による除菌効果も望めます。

スチームをスーツなどの脇の内側の部分に吹き付けて、軽く布に当てる事でワキガ臭除去の効果を発揮します。
スチームを吹き付けたあとは風通しの良いところでしっかり乾燥させ、菌の繁殖を抑える事が大切です。

 

重曹スプレー&ミョウバンスプレー

重曹によって酸性のニオイ成分を、ミョウバンによってアルカリ性のニオイ成分を落とすというWスプレーによる除去法です。

重曹スプレーは100mlに対して小さじ1杯の用量でスプレーボトルに作り、ミョウバンスプレーは先述したミョウバン水の原液を30~50倍に薄める分量でスプレーボトルに作ります。

それを重曹→ミョウバンの順番に吹き付けて、アイロンの項目と同様に風通しの良い場所で乾燥させます。

衣服がアルカリ性の状態ですと、菌の繁殖を促してしまう結果になってしまいますが、ミョウバンスプレーを後に使う事によって菌の繁殖自体を抑える効果も見込めます。

 

中性洗剤で拭き取り

こちらは今まで挙げた方法でも落ちなかった場合の最終手段のようなものですが、40℃程度のお湯に中性洗剤を溶かし、タオルに染み込ませます。

そのタオルで衣服の気になる部分に軽く叩きこんで、風通しの良い場所で陰干しし乾燥させるというものです。

順序としては、アイロン⇒スプレー⇒中性洗剤という感じで、効果を感じられなかった場合に段階を進めていくようお願いします。

 

脇汗で服が黄ばむとわきがなの?

結論からいうと脇汗で服が黄ばんだからわきがというわけではありません。

汗にはアポクリン腺とエクリン腺という2つの汗腺が関係しており、主にわきがの原因とされているのはアポクリン腺から出る汗の方です。

アポクリン腺からの汗は、タンパク質や糖質や脂質などの成分が含まれているため、”濃い黄色”になる性質があり、それが衣服を黄ばませる要因です。
そしてその汗の成分に細菌が繁殖する事でわきがのニオイを発するとされています。

 

しかし、わきがの原因とされていないエクリン腺からの汗も黄ばみの原因となる場合もあります。
アポクリン腺からの汗が原因で黄ばむ場合とは違って、”うっすらと黄色くなる”のがエクリン腺からの汗の特徴です。

エクリン腺の場合も放っておけば細菌は繁殖しますし、ニオイの原因にもなりますが、いわゆる”わきが臭”ではないニオイになります。

 

つまり、脇汗で服が黄ばんだからといって、一概にわきがであるとは言えません。
アポクリン腺の汗が強い人でも、こまめに洗浄する事や、日頃のケアなどで”わきがのニオイを感じさせない”という事も可能であると言えます。

 

まとめ

わきがのニオイが衣服についてしまった場合の対処法や、わきがのニオイを生む原因などについて説明してきました。

本記事で説明したのは、あくまで”ついてしまった場合の対処法”ですので、普段からわきがクリームなどを使用したり、汗拭きシートなどを使い、極力汗をつかないようにする事も大切です。

自分のワキガタイプにあったわきがクリームの探し方とは?

夏場など特にわきが臭が気になる時期では、本記事で書いた事を活用し、外出時のワキガのニオイを少しでも和らげてみてください。

こどものわきが対策TOP

関連記事

ページ上部へ戻る